ページ情報が不足しているため、元のページに戻ります。
本文にスキップする

お知らせ   国立国会図書館から「御礼状」を授与されました

国立国会図書館の運営する「レファレンス協同データベース」に225件の事例登録をしたことに対し、御礼状を授与されました。3年連続の授与になります。

●レファレンスサービス(質問回答サービス)とは、資料や情報を求める利用者の方々に、文献の紹介もしくは提供するサービスです。


●レファレンス協同データベースとは
 国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。 

●目的

 レファレンス協同データベース事業は、公共図書館、大学図書館、学校図書館、専門図書館等における
 レファレンス事例、調べ方マニュアル、特別コレクション及び参加館プロファイルに係るデータを蓄積し、
 並びにデータをインターネットを通じて提供することにより、図書館等におけるレファレンスサービス及び
 一般利用者の調査研究活動を支援することを目的とする事業です。

レファレンス協同データベースはこちら
 
 

Copyright(C)Kamakura City Library All rights reserved.