トップページ >> 図書館振興基金 >> 鎌倉市図書館振興基金を設立したわけは?

鎌倉市図書館振興基金を設立したわけは?

鎌倉市の図書館は、明治44(1911)年に設立され、平成23年7月、開館百周年を迎えました。

この100周年を祝う中で、歴史を振り返ってみると、鎌倉の図書館の創設・発展には、その節目において市民の大きな支えがあったことが分かりました。
つまり、鎌倉の図書館は、「市民の育てた図書館」とも言えるのです。
また、資料の収集も含め図書館の所有している鎌倉に関する貴重な郷土資料を後世に引き継いでいくことが重要であることも再認識されました。

そこで、百周年という節目を契機に、これらの重要かつ貴重な資料を収集する事業などを推し進めるために、「図書館基金」を新設し、寄付金を募ることになったのです。