行事案内

【予告】2018年郷土資料展「幻のユーイービーチ」震災復興、坂ノ下埋立地の歴史
平成30年度 鎌倉市中央図書館 郷土資料展を開催します。

『幻のユーイービーチ』震災復興・坂ノ下埋立地の歴史

昭和初期の坂ノ下埋立計画を、当時の図面や写真等でご紹介します。
左図は、「鎌倉由比ヶ濱分譲地案内」です。
【会場】 鎌倉市中央図書館 3階多目的室
      (鎌倉市御成町20-35)
案内図へ

【会期】2018年10月4日(木)~17日(水) 15日(月)は休館
【開室時間】9時~17時
【入場無料】

【展示内容】
大正12年(1923)9月1日の関東大震災で、鎌倉は、建物崩壊・津波・火事・崖崩れなど壊滅的な打撃を受けました。
その後の復興の歩みの一つに、坂ノ下霊山下(りょうぜんした)の公有水面埋立事業がありました。
この埋立地は「由比ヶ浜分譲住宅地」として、また遊園地やホテルなどのリゾート施設としても企画立案されました。
しかし、「鎌倉ユーイー(U.E.)ビーチ」と名付けられた後者の計画は実現されることはなく、幻に終わりました。
本展では、その事業業績、および実現に至ることなく終わった開発計画を紹介いたします。


●ギャラリートークも開催します。
 10月4日(木)、6日(土)、11日(木)、13日(土) 各日14時~60分程度

 武田光比古氏(資料寄贈者)
 平田恵美(鎌倉市中央図書館 近代史資料室)

PDFデータはこちらから